気を付けて!豊胸のデメリット

人工乳腺法は体へのダメージが大きくなりやすい

豊胸は、バストアップに最適な方法の一つとして若い女性を中心に人気がありますが、後々のトラブルを防ぐには、デメリットについても自分なりに認識をしておくことが大切です。特に、シリコンバックを胸に直接入れる人工乳腺法は、大幅なバストアップの効果が期待できるものの、全身麻酔でメスを使用するため、身体的なダメージが大きくなりやすいといった問題があります。特に、妊娠中の人や持病がある人などは、他の人と比べてリスクが高くなる傾向が見られるため、じっくりと担当の医師と相談をすることが大事です。なお、人工乳腺法による豊胸の術後のリスクを少なくするには、医療設備が整っているところや、腕が良い美容外科医がいるところを通院先に決めることがポイントです。

ヒアルロン酸注入法は定期的な通院が必要となる

ヒアルロン酸注入法による豊胸は、他の方法と比べると費用が安く済んだり、傷が目立たなかったりといった魅力があるものの、美しいバストの状態を維持するうえで定期的な通院が必要となります。そのため、ヒアルロン酸注入法をメインに選択したい場合には、長期にわたる通院のスケジュールを考えたり、施術の予約が取りやすいクリニックを探したりすることが重要です。また、ヒアルロン酸注入法は、一回の施術で数段階のバストアップが難しいという問題もあります。そこで、バストサイズにコンプレックスがある人は人工乳腺法や脂肪注入法などもよく調べてみると良いでしょう。その他、ヒアルロン酸注入法の豊胸の効果を長持ちさせるために、できるだけアフターケアが丁寧に行われているクリニックを選びましょう。