シリコンバッグを用いた豊胸

確実に大きくしたいならシリコンバッグによる豊胸が最適

バストが小さくて密かにコンプレックスに感じている女性は少なくありません。確実に胸を大きくしたいと考えているならば、シリコンバッグによる豊胸術が最適です。これは、シリコンでできた袋状の人工乳房をバストに挿入することでバストアップをはかることができる手術です。人工のバッグを入れるので、どんなに胸が小さくても確実に胸のサイズが大きくなるのが魅力と言えるでしょう。さらに、脂肪注入やヒアルロン酸注入による豊胸の場合、胸への注入量に上限があります。つまり、バストアップを図れるサイズに限りがあります。その点、シリコンバッグ豊胸は希望のサイズに応じてバッグの大きさを選べるため、大幅なバストアップを望むことが可能です。

乳がん検査の際は注意が必要

シリコンバッグでの豊胸は、バストを自分が希望するサイズまで大きくできるので大変人気を集めています。ただ乳がん検診のために病院でマンモグラフィーを受ける場合は注意が必要です。そもそもマンモグラフィー検査とは、特殊な機械でバストを挟んだ状態でレントゲン撮影をすることでガンを発見する装置のことです。したがって、バストにシリコンバッグが入っている状態のままで受けてしまうと、バッグが圧力で破損する恐れがあります。バストの内部でバッグが破損すると大変危険なので、マンモグラフィーでの乳がん検診は控えた方がいいでしょう。自身の安全のためには、医師による触診や超音波検査などで乳がん検診を受けるようにしましょう。